事業案内

事業概要

横浜食品サービスは横浜南部市場に全ての機能を集約し、横浜南部市場内元水産棟跡地にグループ会社の横浜魚類株式会社が新設した加工機能・低温物流設備を同社と共同で運営しております。名称は南部ペスカメルカード(スペイン語でペスカは漁業、メルカードは市場を意味)です。本社事務所は、横浜魚類株式会社南部支社と同じフロアで繋がっており両社グループとしての相乗効果の実現を目指しております。横浜魚類株式会社の仕入集荷機能と株式会社横浜食品サービスの有するお客様に対する販売機能と同時に水産加工、物流機能を同一場所で有機的に行う事で、鮮度保持、集荷出荷の効率化・利便性の追求で相乗効果を上げ、よりお客様のニーズへの対応力強化を図ってまいります。

1F 加工・ロジステック機能を合わせもったセンター

[名称] 南部ペスカメルカード
[所在地]南部市場 旧水産棟
[本社事務所の階下に加工物流拠点]
面積:2420m2
温度管理:10℃以下
水産及び惣菜加工設備
物流(仕分・ピッキング・ラベル貼り)
階上に本社(営業部門・管理部門・QC室)
南部ペスカメルカードセンター南部ペスカメルカードセンター

2F 本社機能

本社フロア本社フロア
本社(QC室)本社(QC室)

PAGE TOP